「死」とは

今日は

大人気アニメ「ONE PIECE」のとあるキャラが死に際に放った言葉をテーマにしてブログにしたいと思います

 

 

とあるキャラとは

 

 

 

 

Dr.ヒルルク


f:id:bunbunbun2383:20190625183545j:image



このキャラは

主人公、モンキー・D・ルフィの仲間の一人である

トニートニー・チョッパーに医療を教えた

師匠であり

 

不治の病と闘いつつ

最期は敵の罠にハマり、敵の目の前で自ら命を断つという

壮絶な最期を遂げたキャラなのですが  

 

 

そんなヒルルクが最期に放った言葉が

すごく心に刺さりました

 

 

そのセリフとは

 

 

 

 

 

 

やめておけ 

お前らにゃおれは殺せねェよ 

 

 

人はいつ死ぬと思う・・?

 

心臓を銃で撃ち抜かれた時・・・

 

違う

 


不治の病に侵された時・・・

 

違う!

 

猛毒のキノコのスープを飲んだ時・・・  

 

違う!!

 

 


・・・人に忘れられた時さ

 

 

 

 

 

僕は、このセリフを聞いた時

 

 

例え、肉体がなくなろうとも

その人の魂、信念、夢は

誰かが受け継ぐ

 

その夢が途切れない限り

「死んだ」とは言わない

 

 

夢とは

「志」

 

「志」は受け継がれ

周りの人達を幸せにしていく

 

そうして

誰かの記憶の中で行き続けていく

 

 

本当の「死」とは

誰の記憶にも残らず

朽ちていくことなのではないかと思いました

 

 

 

 

 

 

最期に

 

笑って逝くのか

 

後悔しながら逝くのか

 

 

 

 

 

 

僕は

笑いながら

「最高の人生だった」と思う方が

断然良いと思います

 

 

 

 

 

 

 

Dr.ヒルルクのように

 

 

 

 

 

 


f:id:bunbunbun2383:20190625183705j:image

使命

最近、意識していること

 

それは

僕の使命である

「幸せの為に感謝し続ける」の

「感謝」

です

 

 

どんな小さなことでも感謝する

 

 

僕と話してくれてありがとう

 

僕と会ってくれてありがとう

 

仕事ができる環境にありがとう

 

毎日、働いたり遊んだりすることができる自分の体にもありがとう

 

 

自然と

自分が求めている情報や環境が

入ったり出来上がったりする

 

これこそ

使命にそって生きているということなのではないでしょうか

 

もちろん、全てが順調というわけではありません

 

トラブルなどもありますが 

 

そのトラブルも、いずれは自分の為になる糧だと思えば乗り越えれる

 

 

やっぱり

使命を持って生きるか

使命を知らずに生きるかでは

違いますよね

 

改めて実感した休日でした

 

 

 

 

 

 

では、今日はこの辺で

アイスブレイク

今日、外部のイベントに招待してもらったので

行って来ました 

 

正直、外部の人ばかりなので

話しかけづらいな~と思ったのですが

 

いろいろと話してみて

やっぱり、アイスブレイクは結構重要だなと実感しました

 

 

とある方から教えてもらった方法は

 

まず、挨拶から始まり

 

名前を聞く

そこでアダ名を聞いて、無かったら

アダ名をつけてあげる

 

そして、アダ名で呼んであげる

 

それだけでも、一気に親近感が湧き

距離が縮むそうです

 

そして、住んでるところや

趣味などを聞き出して

自分との共通点を探す

 

共通点を見つけれたら、それについて盛り上がる

 

見つけれなくても

相手の趣味などをどんどん深掘りして

「聴く」ことを意識する

 

 

大事なのは、いかに相手に興味を持てるか

 

興味を持てなかったら

それが態度に出てしまいます

 

 

以上のことを意識して

今日は話すことができたので

自分としては満足かなと思っています

 

 

これからも、外部イベントにどんどん参加して

交流を増やしていきます!!

 

 

 

 

 

 

では、今日はこの辺で

嫌われる勇気

今まで

女性に対して

 

どう思われてるんだろう

 

どう写ってるんだろう

 

など

 

相手の目を気にしてて

相手に嫌われたくないという思いを持っていました

 

 

 

 

しかし

昨日、とある人に言われました

 

 

 

 

 

 

 

嫌われても良くない?

 

 

 

 

 

 

どういうことなのか?

 

 

詳しく話を聞くと

 

 

 

 

 

 

 

相手の評価を気にして生きてても

疲れるだけ

 

「好き」の反対は「嫌い」ではなく

「興味ない」

つまり、「嫌い」という感情があるということは

「興味はある」という変換ができる

 

1番ツラいのは「興味ない」

 

そもそも本当に嫌われたことがあるのか?

 

 

 

ということでした

 

 

 

 

 

 

この言葉を聞いて ハッとしました

 

自分は「嫌われるのが怖い」という言い訳を盾に

女性に対して行動しなかっただけなのだと

 

 

嫌われてもいい

 

本当に嫌われた時に考える

 

まずは行動する

 

 

 

 

 

これからの道筋が見えて

一気に気持ちがスッキリしました

 

 

自分は、本当はどうしたいかにフォーカスして行動していきます!!

 

 

 

 

 

 

では、今日はこの辺で

ストレッチゾーン、パニックゾーン

最近

前まで、緊張してたり不安だったりする場所が

全然緊張しなくなったり、不安を感じることがなくなったなぁと思いました

 

 

つまり

ストレッチゾーンや、パニックゾーンが

コンフォートゾーンに変わってるということです

 

 

 

コンフォートゾーンが増えた

 

 

 

これで、終了

 

 

 

 

…という訳にはいきませんよね

 

 

 

さらにコンフォートゾーンを増やす為に

 

 

新たな、ストレッチゾーンや

パニックゾーンに飛び込まなければなりません

 

 

そのために

今は、外部セミナーや外部イベントなど

ガッコウプラス以外の場所に行くようにして

具体的・明確な目標を設定して

動くようにしています

 

 

 

 

この調子で

コンフォートゾーンをどんどん広げていきます!!

 

 

 

 

 

 

 

では、今日はこの辺で

褒める

昨日、1日中オフで

ひたすら遊びまくったわけですが

その中での気付きをブログにしたいと思います

 

 

さまざまな遊びをした中で

人生初のビリヤードをしたのですが

 

 

やはり、初めてなだけあって

なかなかうまく打てません

 

 

でも

仲間は

ひたすら褒めてくれるのです

 

良いところを瞬時に見付けて

褒めてくれる

 

ちょっとしたことでも

「めっちゃ上達してるやん!!」と褒めてくれたのです

 

 

そうしたら

どういうことが起きるのかというと

 

嬉しくなって

どんどんやる気が出てくるのです

 

それに比例して

腕も少しづつ上達していく

 

 

 

「褒める」ってこんな力を持っているんだなと

改めて実感しました

 

 

 

褒められることにより

ワクワクした感情が出てくる

 

 

やはりワクワクした感情というのは

大切ですよね

 

 

 

 

相手の良いところを

どんな小さなことでもいいから

見付けて褒める

 

これを意識していき

 

「褒める」というスキルを身に付けようと思いました

 

 

 

 

 

 

 

では、今日はこの辺で

遊ぶ

今日は、1日中オフ

 

カフェでモーニングから始まり

カラオケ・ビリヤード

パチンコなど

 

娯楽三昧の1日でしたが

 

たまには、たまにはこういう日もいいなぁと思いました!!✨

 

 

みんな、遊んでいてはいけないという思いを持ちがちですが

 

たまには思いっきり遊んで

リラックスした方がいいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

みんな

リラックスしましょ~~~🤣

 

 

 

 

 

 

 

では、今日はこの辺で